クレジットカードを紛失した時






クレジットカードを紛失した時

財布を落とした! クレジットカードを置き忘れてきた! など、紛失に気付いたときはとってもあせりますよね。
でもそんなときほど、落ち着いて対処するように心がけましょう。
まず大切なのは、クレジットカード会社に利用停止の連絡をすること。
クレジットカードは拾われた際、悪用しようとすればかんたんに利用できてしまうため、紛失したことを伝えて利用できないようにカードを停めてもらうことが先決。
紛失によるカードの利用停止はどこのクレジットカード会社も24時間365日体制で窓口を用意しているので、出先からでも連絡ができるよう、手帳などにカスタマーセンターの電話番号を控えておく、カード会社のホームページをスマートフォンのブックマークに登録しておくなど、慌てず早急に対処できるように日ごろから準備しておくことをオススメします。
その後は警察にも届出をしましょう。

一度紛失で停止したカードは、見付かっても使用することはできません。
はさみを入れて2つ以上に切り分け、処分しましょう。
引き続きクレジットカードを利用したい場合、利用停止の連絡時にカード再発行の手続きも同時に行うことができます。
しかし再発行で手元に届くまでは2週間ほどかかり、また、クレジットカードの番号自体も変更になってしまいます。
公共料金など自動引落としを利用している方は、再発行したカードが届き次第、新しい番号に登録変更の手続きを行いましょう。
忘れると引落としができずに滞納として扱われてしまうので、過去の取引明細などから引き落としで利用しているところを全て洗い出し、届出漏れがないように気をつけましょう。

では、第三者に拾われて、利用停止前に悪用されてしまった場合はどうなるのでしょうか?
クレジットカード会社では、紛失後に不正利用されたものに対して、おおよそ60日以内であれば補償してくれます。
クレジットカード会社から送られてくる書類に警察で発行してもらう盗難届けの証明書をつけて送り返すのですが、全ての被害を補償してくれるとは限りません。
クレジットカードの裏面に本人のサインがなかったり、第三者が推測しやすい暗証番号を登録していたり、管理がずさんで他人でもかんたんにカードを利用できる環境にあったりと、カードの所有者に過失が認められる場合には補償の適用外となることもあり、被害の全額を負担しなければならなくなります。

また、クレジットカードを利用した際は売上票の控をきちんと保管しておき、請求の際に比較して身に覚えのない請求がないかを確認する習慣もつけておきたいものですね。