クレジットカード不正利用、知らないうちに被害に | クレジットカード






クレジットカード不正利用、知らないうちに被害に

クレジットカードを紛失した際には利用停止の手続きをしたり、利用明細を確認して不正に利用された形跡がないか確認したりと悪用に気付く機会がありますが、頻繁にクレジットカードを使う人ほど、利用履歴や引き落とし額の確認がおろそかになりがちです。
平成25年に報告された不正利用による被害総額は78.6億円!
スキミングなど知らないうちにカード情報が抜き取られて不正利用されていることもあるため、日ごろから注意しておく必要があります。
不正利用にいち早く気付くためには、まずクレジットカードで支払いをした売上票の控をきちんと管理しておき、公式ホームページの会員ページなどから利用履歴を確認して照らしあわす習慣をつけておくこと。
また、引き落とし日の口座記録も忘れずチェックし、金額に相違がないか確認しましょう。

もし身に覚えのない引落としが明細に載っていたり、予定より大きな額の引き落としがあったりと不正利用が発覚した場合は、すぐにクレジットカード会社へ連絡をしましょう。
クレジットカード会社側で不正利用の状況を調査し、不正が認められた場合にはその分の請求を取り消してくれます。
しかし、届出日からさかのぼって補償される期間にはクレジットカード会社ごとに日数が決められているため、その期間を過ぎた請求は補償してもらえません。
そうなると被害額も全額自己負担になってしまうので、日ごろから確認をしてもし不正利用があったときには敏速に連絡ができるようにしておきましょう。

近年はインターネットでのオンラインショッピングでクレジットカードを利用する機会も多く、個人情報の漏洩でクレジットカード情報が第三者に盗まれてしまうこともあります。
また、コンピューターウィルスがパソコンに入り込んで情報を盗むこともあるため、インターネットでクレジットカードを利用する際は常に危険性を意識し、信頼できる取引にのみクレジットカードを使用する、怪しいメールは開かないなど使う側にも注意が必要です。
また、カードから盗んだ情報で同じカードを作るスキミングという方法は、財布から抜いたカードを情報入手後に財布へ戻す、お会計の際に専用機械へ通して盗むなど、手元にカードが戻ってくるため被害に気付きにくいことがあります。
この場合も不正利用に気付いた時点でクレジットカード会社への連絡は必須ですが、怪しい店舗でクレジットを利用しない、第三者がかんたんにカードに触れられる環境を作らないなど、持ち主の意識が大切です。
また、万が一不正利用が認められても、カード持ち主の過失が認められた場合には補償されないこともあるので、取扱いには十分注意しましょう。