クレジットカード住所変更、うっかりでも忘れちゃいけない!






クレジットカード住所変更、うっかりでも忘れちゃいけない!

一度クレジットカードを発行すると、利用頻度や所持枚数でこまめに解約手続きを行うひとはそんなに多くないでしょう。
継続的に所持していくなかで、転勤や結婚などで住所が変わることもあります。
そうなると引っ越しやあらゆるところへ住所などの変更手続きなどで慌しくなり、うっかりクレジットカードの住所変更を忘れてしまうことがあるかもしれません。
クレジットカード自体は住所変更の届出をしていなくてもしばらくは使えますが、支払い用紙や利用明細が旧住所に送られて、知らないうちに延滞をしていたり個人情報が他人に見られてしまったりする危険性が高くなります。

また、クレジットカードには有効期限があり、有効期限が近くなるとクレジットカード会社で自動更新を行って新しく設定された有効期限のクレジットカードが郵送で送られてきます。
そのとき、住所変更の届けをしていなければクレジットカード会社に返送されてしまいます。
そうするとクレジットカード会社では登録情報に誤りがあるとして、カードの利用を停止したり、カード会社内の個人情報データに記載したり、不正利用も視野に入れた対処をします。
最近では利用明細もペーパーレスになり、自宅にクレジットカード会社から郵送物が送られてくる機会も減っているため気付く機会が減っていますが、信用を大切にして利用を認めているクレジットカードだからこそ、変更情報の届出は忘れずに行いましょう。
なお、住所変更の届けなしに利用を続け、そのことがクレジットカード会社で発覚した場合は、たとえうっかりであったとしても信用を大きく失います。
不正利用の場合に届出と実際の居住が異なることがあるため、仕方がありません。
更新ができなくなったり、有効期限が短くなったり、利用限度額が引き下げられたりすることもあり、場合によっては強制解約されることもあるので気をつけましょう。
また、盗難などの被害にあった場合にも補償されず全額自己負担になる恐れもあります。
ゴールドカードやブラックカードなど、通常のカードよりグレードが高いカードはその分信用度がより重要視されますので、変更届を怠っただけで解約に繋がることもあります。

住所変更の手続きは、クレジットカード会社の公式ホームページにある会員専用ページから簡単に行うことができます。
転居後でネット環境が整っていない場合などは電話で連絡をすれば必要書類を郵送してくれますので、できるだけはやく住所変更を行うようにしましょう。