ケータイ&公共料金をお得に利用できるクレジットカード






ケータイ&公共料金をお得に利用できるクレジットカード

今や人口の8割が所持しているともいわれている携帯電話。
電話やメールだけでなく、自己管理ツールや仕事の資料などなくてはならない存在になっているひとも多いと思います。
しかし、毎月の携帯電話料金の負担を高いと感じるひとも多く、各社の利用料金で付与されるポイントも機種変更や修理のとき以外に利用できる機会も少ないため、お得感を感じにくいのも事実。

日本ではdocomo、au、softbankが大手3社となっており、それぞれにクレジットカードの発行があるのはご存知ですか?
Docomoの発行するDCMXカードは、携帯電話料金をカード払いにすることでポイントが貯まり、機種変更、コンテンツの購入など、携帯電話ライフを快適にする使い方もできるほか、電子クーポンや商品券、景品と交換することもできます。
電話料金の支払いが厳しいときにはリボ払いにすることで月々の返済負担も減らせるため、払えずに止められる心配もありません。

auが発行するau自分カード、softbankが発行するsoftbankカードも同様に、各社のクレジットカードを利用することで機種変更や修理の際の補償が得られたり、商品券や景品との交換が可能となっていたりと、お得なクレジットカードになっています。
本体代金の分割が終わる2年ほどで機種変更を行う人も多いものですが、スマホの出現で本体代金が高額になっているので、自分の使っている携帯電話会社でカードを作れば機種変更時の割引にポイント使えて安く手に入れることができるので、お得ですよね。

また、固定電話や電気、水道などの公共料金も、毎月の固定費としてはかなり大きなウェイトを占めているもの。
そのような支払いもクレジット払いにすることで、ポイント還元で得したり、リボ払いで月々の負担を減らせたりとお得がいっぱい。
NTTコミュニケーションズやNTT東日本、西日本、NTTドコモの支払いがお得になるNTTグループカードでは、明細をWebにするだけで通常1200円の年会費が無料になります。
会員サービスは2種類から選べるのが特徴で、対象通話料金の支払いとショッピングの利用2万円以上で、対象通話料金が最大60%割引されるキャッシュバックコースと、利用金額に応じてポイントを貯めて景品と交換できるコースがあります。

東京ガスの暮らしサポートカードであるプラスハッピーUCカードは、東京ガスのガス料金の支払いに利用すると、3月~11月は通常の2倍、ガス使用量の増える12月~2月は3倍のポイントが付与されるというとってもお得なカード。
東京ガスライフバルやエネスタなどでガス機器の購入や修理依頼をしてもポイントが付与され、10月~3月では5倍ものポイントがもらえます。
貯まるポイントは永久不滅ポイントなので、うっかり消滅してしまう心配もなく貯めることができます。
また、貯まったポイントはdocomoやauのポイントに移行できるので、携帯電話の利用料金と携帯電話会社のカードで貯まったポイントとあわせれば、ポイントだけで機種変更や修理をすることも可能です。