日常の生活に使いやすいコンビニ系カード






日常の生活に使いやすいコンビニ系カード

日常のちょっとした買い物や料金の支払いなど、なにかと利用する機会の多いコンビニ。
買い物の料金に応じてポイントが貯まるカードを各社で発行していますが、最近では電子マネーやクレジットの機能がついたポイントカードも多く、より便利にコンビニを利用できるようになっています。

まずクレジット機能が付帯しているコンビニ系カードでオススメなのは、ローソンのPontaカードとファミリーマートのファミマTカード。
どちらも年会費が永年無料で、Ponta、Tポイントそれぞれの加盟店でも利用できるため、ポイントがとっても貯まりやすいんです。
Pontaカードのポイント還元率は0.5%~1%。貯まったポイントは買い物に使えるだけでなく、JALのマイルへ交換することもできます。
加盟しているガソリンスタンドでは会員価格で給油ができたり、西友・リヴィン・サニーといったスーパーで特定日に5%割引があったりと買い物もお得に。
対してファミマTカードのポイント還元率は0.5%~1.5%と、使う加盟店によっては高めの還元率。
Tポイント加盟店は多いため、日常的にポイントが貯めやすく使いやすいのが特徴です。
登録すればTSUTAYAの会員カードとしても利用できるため、ポイントでCDやDVDをレンタルすることもできます。

キャッシュレスなお会計ができることで人気の高い電子マネーも、クレジット機能がついたカードを利用すれば残金不足でもクレジット払いができて現金を必要とせず、オートチャージがついているものもあるため、残金の心配なく使えて便利なんです。
楽天ポイントも貯まるEdyカードは、最大で5万円までのチャージが可能。
還元率が高く貯まりやすい楽天ポイントをEdyのチャージに利用することもできるため、ポイントを有効に使うことができます。
また、加盟店が多く、コンビニやスーパーなどの買い物から旅行やイベント、カラオケなどの娯楽系、外食や美容院など暮らしにまつわることまで、幅広い分野でポイントを貯めることができます。

イトーヨーカドーやセブンイレブンなどが発行するnanacoカードでは、イトーヨーカドー、セブンイレブン、ヨークマート、デニーズでの支払いをクレジットにすれば200円で3ポイントも付与。
しかも、1ヶ月の利用総額に対してポイントが貯まるため、端数を切り捨てるお会計ごとのポイント付与より貯まりやすいんですよ!