マイルを貯めるなら航空系カード






マイルを貯めるなら航空系カード

ANAやJALといった日本の航空会社が発行している航空系のクレジットカードは、通常のクレジットカードに比べてポイントの還元率が高く、ポイントが貯まりやすいことでも注目のクレジットカードになります。
航空系カードのポイントは「マイル」と呼ばれ、通常、飛行機の搭乗時に飛行距離に応じたマイルが付与されます。
たまったマイルは航空券に交換できたり、座席のグレードをアップできたりと、快適な空の旅をマイルで手にすることができるため、飛行機をよく利用する人ほど1枚は持っておきたいクレジットカードになります。

JAL(全日空)が発行する「JALカード」はJALや加盟航空会社の搭乗で距離や運賃に応じたマイルが貯まるのはもちろん、会員専用の搭乗ボーナスマイル、毎年初回の搭乗で付与される初回搭乗ボーナスマイルなど、ボーナスマイルをもらえるチャンスがとっても多いクレジットカード。
日常のショッピングや公共料金など固定費の引き落としなどに利用することで、マイルはより貯まりやすく、特約店の利用で更にマイル倍増など搭乗以外でもマイルを貯めやすくなっています。
家族カードを申込めば、それぞれが貯めたマイルを特典交換で合算できるため、一人ひとりのマイルが交換マイルに達していなくても利用することができるのです。
貯まったマイルは航空券や座席のグレードアップのほか、ツアーや提携ホテルの支払いに使えたり、JMB日本地区会員であれば電子マネーWAONへの換金、ICカードSuicaへのチャージにも利用することができるので、飛行機をあまり利用しない人でもお得にマイルを利用することができます。

ANA(日本航空)では自社発行のクレジットカードはありませんが、JCBやVISA、アメリカン・エキスプレスなど大手のクレジットカード会社と提携したANAカードがあります。
それぞれのカード会社で貯められるポイントをANAマイレージクラブのマイルに交換することができ、申込み時に自動移行コースを設定しておけば所定の手続きをしなくても毎月マイル口座へ移行してくれます。
JAL同様、飛行距離や運賃に応じてマイルが貯まり、日常のショッピングなどの利用分もマイルの対象となります。

ふだん利用する航空会社で申込むのはもちろんですが、日常のショッピングでも利用するメインカードにしておけばコンスタントにマイルを貯めることができるので、あまり飛行機を利用しない人でも貯まったマイルで旅行に行けるなど、日常に彩りを加えてくれる一枚になること間違いなしです。