高速代やガソリン代を節約できるクレジットカード






高速代やガソリン代を節約できるクレジットカード

出勤、買い物、お出かけなど、日常的に車を利用する人も少なくないでしょう。
高速道路では利用料金を後から支払うETCがメインとなり、手持ちのクレジットカード会社で発行している人も多いと思います。

ETCカードはどこのクレジット会社も付帯カードの扱いなので、ETCカード自体の特典などで特に違いはありません。
そのため、年会費が無料であるか、ポイント還元率が高いかなど本体カードの特典に着目して選ぶことが大切。
クレジットカード会社によってはETCカードの発行や利用に年会費などがかかるカードもあるため、自身のメインカードがそれに該当するときは、ETC用に本体カード、ETCカードともに年会費無料のクレジット会社に申し込むほうがお得でしょう。
往復の利用などで高くなりがちな高速料金だからこそ、ポイント還元率の高い高レジットカードを利用すれば、ポイントも貯まりやすくその分実質安く高速道路を利用することができます。

また、高騰が止まらないガソリン代も一昔前の1.5倍近い価格が続き、企業や家計にも大きな打撃を与えていますが、クレジットカードを上手に利用すればガソリン代を節約することもできます。
ガソリンスタンドの企業やグループ会社が発行する石油系クレジットカードは、自社のガソリンスタンドをクレジット払いで利用した際に、リッターあたりのガソリン代が数円安くなります。
店頭で表示されているポイント会員や現金会員価格などより安くなるため、よく利用するガソリンスタンドのものを1枚所持していれば、年間で数千円のガソリン代が節約できます。
また、出先での車体トラブルなどに対応してくれるロードサービスが付帯しているクレジット会社もあるので、自動車保険にロードサービスがついていない人はそのような観点からクレジット会社を選ぶのもひとつの方法。
JAFに加入していない人、JAFの年会費を節約したい人にもオススメです。

石油系カードは自社単体での発行は少なく、ほとんどが大手のクレジット会社との提携なので、クレジット会社自体のポイントが給油の度に貯めることができます。
自社発行であるコスモ石油のコスモ・ザ・カードは、コスモ石油での給油以外にもカーケア商品の購入でもポイントが付与されます。
新規入会後に50リッターまでリッターあたり10円のキャッシュバックがあり、よりお得に給油ができます。