便利な鉄道系ICカードはクレジット払いでお得に利用






便利な鉄道系ICカードはクレジット払いでお得に利用

ICカードで電車の乗り降りができようになり、切符を購入する手間や行先までの運賃を確認する手間がなくなってキャッシュレスな利用ができる時代となりました。
ICカードは駅の券売機でチャージすることが一般的ですが、クレジットカードからのオートチャージであればクレジットのポイントも貯まってよりお得に利用することができます。
オートチャージを利用するには鉄道各社が発行する鉄道系クレジットカードを利用するのですが、ICカードの残高が設定額以下になると自動的にチャージされるシステムなので、乗り降りの際に残金不足で止められる心配もありません。
オートチャージ利用分の付与ポイントを優遇しているカード会社もあるため、よりお得に交通機関の利用ができるようにもなります。

JR東日本のSuicaなら、ビューカードでオートチャージを設定することができ、1.5%という高い還元率でビューサンクスポイントが貯まるのでお得な利用ができます。
首都圏の私鉄で発行するPASMOはオートチャージサービス機能付きのPASMOに申込み、小田急OPクレジットカードや相鉄カード、Tokyo Metro To Me CARDなど、私鉄のクレジットカードを利用するのですが、通常500円必要なPASMOデポジットがかからないPASMO一体型のクレジットカードも登場しており、カード1枚で乗車、チャージ時や乗車時にポイントを貯めることができてとってもお得。
ANA TO ME CARD PASMOは全日空空輸、東京メトロ、JCBの3社が連携するPASMO一体型カードで、メトロポイント・マイル・OkiDokiポイントの3つのポイントが貯められる優れもの。
ANA搭乗時のボーナスポイントや、私鉄利用時の乗車ポイントなど飛行機や私鉄をよく利用する人ならポイントがより貯まりやすいシステムです。
定期券のクレジット決済でもメトロポイントとOkiDokiポイントのダブル付与があります。

そのほか、西日本エリアのICOCAではJ-WESTカードを利用することで、新幹線の予約がインターネットからかんたんにでき、お得な価格で予約できるエクスプレス予約が利用できたり、ポイントが貯まりやすかったりするため、手持ちのクレジットカードを登録するよりもお得です。
JR北海道のKitacaならJRタワースクエアカードKitacaがお得。
クレジット払いでチャージすればポイントが貯まり、ANAマイルとの相互交換もできるクレジットカードです。
JR九州のSUGOCAはJQ CARDを利用することで貯まったポイントをSUGOCAのチャージに利用できるので、交通費がお得になります。
特急券や一部の私鉄利用でもポイントを貯めることができます。

関西エリアで発行されているPitapaは、ほかのICカードと異なり利用額を後から支払うポストペイ方式を採用。(自社エリア以外はチャージが必要となり、通常のICカードと同様の利用方法となります)
そのため、利用実績による割引もある特徴的なICカードです。
口座引落としも可能ですが、クレジット払いでポイントも付与されるSTACIAがお得に利用できます。