スーパーの買い物でポイントザクザク!節約に貢献できるカード






スーパーの買い物でポイントザクザク!節約に貢献できるカード

日常的な買い物で利用するスーパーが発行するクレジットカードは、発行店舗で特定日に割引が受けられるなど家計の節約に役立つ特典も多いため、主婦の利用者が多いクレジットカードのひとつです。

スーパー系のクレジットカードは、お会計で提示して現金払いをすることでポイントカードとして利用することができたり、クレジット払いにすることでポイントの付与率がよくなったりと、カードによって特典はさまざま。
スーパーでの日常的な買い物で使われることが多いため、日用品や食料品などの買い物にまつわる特典が多い傾向にあります。

イオン銀行が発行するイオンカードは、イオン、マックスバリュー、ビブレ、ダイエーなどのスーパーで特定日に5%OFFで買い物ができる「お客様感謝デー」をはじめ、クレジット払いや電子マネーワオンの利用でポイントが2倍になる日があったり、特定加盟店での利用で3倍になったりと、ポイント還元率の高い特典日がたくさん。
貯まったポイントは商品と交換のほか電子マネーワオンに交換することもできるため、節約にもなります。

アイワイグループが発行するセブンカードは、2014年10月よりセブンプラスカードとなってリニューアル。
イトーヨーカドーで買い物をすると、クレジット払いでも現金払いでカードを提示するだけでも、電子マネーnanacoのポイントがたまります。
また、1年間の利用総額や、対象商品の購入でもnanacoポイントが貯まるなど、nanacoポイントに特化したクレジットカード。
日常的にイトーヨーカドーやヨークマート、セブンイレブンを利用する人であれば、nanacoポイントを貯めやすく、お得なカードです。

コストパフォーマンスで話題となっているSEIYUが発行するのは、ウォルマートカードセゾン。
SEIYUやLIVINなどでの買い物がつねに3%OFF。そのほか特定日には5%OFFになるなど、増税の痛みを感じさせない特典が魅力のカード。
また、ポイントに有効期限がないため買い物分だけしっかり貯まり、うっかり消滅してしまう心配もありません。
前でのカードのような電子マネーへの交換はできませんが、貯まったポイントはTポイントへ移行することもできるので、実質的にショッピングで利用することができます。

どのカードも通常のクレジットカードと同様に加盟店以外でクレジットを利用できますし、キャッシング機能も付帯しているため、買い物中にお金が足りなければ借入れることもできます。
日常的に利用しているスーパーであれば効率よくポイントがためられるという点でも、主婦なら1枚は持っておきたいカードでしょう。