お金を借りる際のポイントは借りすぎないこと






お金を借りる際のポイントは借りすぎないこと

お金を借りる際のポイントといったら金利や限度額と言えます。
これは間違いではありませんが、キャッシングやカードローンに関しては、それほど重要なことではありません。
どの業者、消費者金融や銀行から借入れをしても大きな差はないからです。
消費者金融の場合ですと、各社によって数%の差が出ることはまずないのです。
1社だけが目立った低金利にすることは、業界の競争につながります。
限度額に関しても同じで利用限度額300万円よりも500万円のほうが有利と言ったことはないのです。
そもそも、300万円を借りる方すら少数派なので、限度額で比較する意味はあまりないわけです。

お金を上手に借りるポイントは、やはり借り過ぎないことです。
なぜ、キャッシングやカードローンで借りすぎてしまうかというと、追加融資が可能だからでしょう。
契約時に「万が一のときのために、希望額を大きく設定しておこう」と考える方は多いはずです。
希望額が大きいと、多くお金を借入れができるということです。
使えるお金が豊富にあれば、我慢を抑えきれない方もいるのでは。
どうしても欲しい洋服やバッグがあったとき、これらのローンを利用することはひとつの方法ですが、それが浪費になってはいけないのです。

キャッシング、カードローンを利用するときは、浪費をしないように心がけることが先決です。
そのためには、「なぜお金を借りるのか」について確認してみましょう。
「パソコンが壊れたので、15万円の新しいパソコンを購入したい」という場合なら、50万円も借りる必要はないでしょう。
20万円も借りれば十分なはずです。
ここで不必要な希望額を設定してしまうと、あとからの借り過ぎや使い過ぎてしまう可能性があるのです。

借入の金額を少なく抑えておけば、利息の負担は軽減できますし返済期間を短くすることができます。
20万円なら、数ヵ月で完済することも可能になってくるのではないでしょうか?
返済期間を短くすれば、それに比例して利息も少なくて済むのです。