お金を借りるとき心構えで大切なこと






お金を借りるとき心構えで大切なこと

お金を借りるときの心構えで、注意したいポイントは、
Point1 借りすぎ・使いすぎないこと
Point2 借りる前にシミュレーションをしておくこと
この2つことを守っておけば大丈夫です。

借りすぎ・使いすぎに関しては初めて借りる方はあまり問題とはならないのです。
初回の融資でいきなり100万円を借りる人はそうそういないでしょう。

初めて借りるときは緊張するものです。たとえ10万円でもドキドキするはずです。

借りすぎ・使いすぎが問題となるのは、お金を借りることに慣れてきたときです。
キャッシングやカードローンならば、契約してから6ヶ月、1年くらい経過した頃でしょう。

「初めて10万円を借りたときは緊張した」という方も、慣れてくると10万円の追加融資を受けることにあまり抵抗を感じなくなってしまいます。お金を借りることに慣れてしまうのです。
すると、「無意識のうちに借入額が増えてしまい、気づいたら返済が大変になっていた」なんてことになりかねません。
お金は借りたら、返すものです。 借りることと返すことは、常にセットで考えなくてはいけません。


お金を借りる前にシミュレーションを行うことも大切です。
キャッシングやカードローンは、女性のほうがしっかりと返済するそうです。
この理由は、シミュレーションをしっかりと行うからなのです。
女性の場合、家計を任されていることもあり、お金のやりくりに関しては長けています。
このやりくりこそがシミュレーションです。
「毎月の収入はどのくらいあって、そのうちの出費はいくら、貯金にはこれだけ回せる」というように家計を管理していれば、赤字・黒字を把握できるはずです。
返済ができなくまるまで借りてしまうこともないでしょう。

男性の場合は、女性よりも楽天家が多く、「年収が多いのだから、少しくらい多く借りても返済できる」と安易に考えてしまいがちです。
しかし、大切なのは手元にいくらお金を残せるかです。
お金を残せなければ、いくら年収が多くても返済には回せなくなってしまいます。