個人事業主がお金を借りる方法






個人事業主がお金を借りる方法

個人事業主がお金を借りることは、公務員、サラリーマンよりも難しいものです。
自営業に属するため、収入は不安定な傾向があります。
毎月、決まった金額の収入を得られている方は、本当に少数派でしょう。

しかし、借りられないわけではありません。
あくまで公務員、サラリーマンと比較して借りにくいだけです。
キャッシングやカードローンは、アルバイト、パート、主婦、20歳以上の学生も利用しているでしょう。
もし、借りられないとしたら、希望額を大きくしすぎている可能性があります。
年収の3分の1を超えた希望額になってはいないでしょうか?

消費者金融や銀行系のローンは、公務員、サラリーマンでも、最高で年収の3分の1までしか借りられません。
これは個人事業主にも該当することですが、収入が不安定な傾向があるため、実際にはもっと少ない限度額が設定されると考えていいでしょう。

キャッシング、カードローンの審査では、「収入が安定していること」を重視されます。
年収の金額だけで結果が決まるわけではないのです。
同じ年収400万円でも、安定した400万円のほうが高く評価されるわけです。

個人事業主の場合、売上がそのまま収入につながるはずです。
売上のよい月と悪い月では、月収が変わってくるでしょう。
収入の多い月を基準として審査を受けると落とされる可能性が高いので、収入が少ない月を基準にするといいです。

「個人事業主・自営業可」などと記載されているローンは比較的借りやすいですが、それでも無理な希望額を設定してはいけません。
借りられるだけ借りるのではなく、返せる範囲で借りることが大切なのです。

ローンの用途に関しては、雇用形態は問われません。
キャッシング、カードローンは多目的ローンなので、生活費全般に使うことができます。
ただし、一部の個人事業主・自営業専用ローンに関しては、事業資金に特化した商品もあり、それ以外の用途には使えなくなっております。