主婦がお金を借りられるケース・借りられないケース






主婦がお金を借りられるケース・借りられないケース

収入がある方は、ローンを利用することができます。
過去に延滞を繰り返して、信用情報に問題がある方は不可ですが、それ以外の方ならば安定収入があれば借りられるのです。

主婦がお金を借りられるケース・借りられないケースは、収入の有無で決まってきます。
すべての主婦が専業主婦ではありません。
パート、アルバイトをして収入を得ている方は多いでしょう。
収入があれば、小口ローン(キャッシング、カードローンなど)を利用できます。

ローンの審査条件には、具体的な年収額については記載されていないでしょう。
安定収入と記載されているだけで、「年収○○○万円以上」などの記載はありません。
つまり、年収がそれほど多くなくても借りられるということです。
年収が少なくても、借入額を調整して融資できるからです。
月収10万円の方でも、月の返済が5,000円ならば返済できるはずです。

年収が少ない方は、年収が多い方と同じ感覚では借りることができません。
その点では不利になりますが、希望額を減らして申し込めば、借りられる確率は高くなります。

主婦でお金を借りられないのは、専業主婦の方です。
専業とは、主婦以外の仕事がないということです。
当然収入もありませんから、ローンを利用することはできません。
「収入がゼロでも貸します」といった怪しい宣伝の業者とはかかわらないようにしましょう。
いきなり家に電話がかかってきたり、ダイレクトメールが届いたりした場合は注意しましょう。

審査では嘘をつかないようにしましょう。
「収入がゼロなのに、月収10万円あります」などと嘘をついてはいけません。
在籍確認が厳しくなかった時代は、意外と嘘が通用したものです。
年収150万円なのに、「200万円と記載していいですよ」なんて言ってくる業者すら存在したのです。
現在はほとんどの業者で在籍確認がありますし、嘘の記載にも厳しくなっています。
嘘をついて契約して借りても、収入がないことがバレると契約を解除される可能性もあります。