学生がお金を借りる方法






学生がお金を借りる方法

学生がお金を借りるには、20歳以上で仕事を持っていることが条件となります。
もっと細かくいえば、アルバイト収入のある20歳以上の大学生・大学院生・専門学校生です。
高校生の場合は未成年という理由から、お金を借りることはできません。
親が保証人になる特殊な場合を除いて、お金を借りられるのは成人からです。

学生は通常のキャッシングやカードローンが使えます。
学生ローンにこだわる必要はありません。
学生ローンの場合、利用限度額が少なく設定されているのですが、通常のキャッシングやカードローンにおいても、学生ローンと同じくらいしか借りられません。
50万円借りられれば、かなりの高額融資だと思っていいでしょう。
消費者金融で50万円を借りるためには、その3倍の年収(150万円)が必要となるのです。
学業に励みながら、学生が年収150万円を稼ぐのは簡単ではありません。

学生の場合、親からお金を借りることが多いです。
しかし、親の仕送りで生活している方は、お金を貸してほしいとは言いにくいでしょう。
そんなときは、返済できる範囲でキャッシングやカードローンを利用すればいいのです。

希望額はなるべく少なくします。
今後、学業に専念することがあれば、アルバイトを減らす必要性も出てくるでしょう。
こうしたリスクも考慮して、確実に返済できる金額を借りるのです。

返済回数は少なくしたほうがいいです。
1回で完済するのが理想ですが、多くても5回くらいに留めておきたいものです。
2年、3年といった長期ローンを組んでしまうと、アルバイトをやめたときに困ります。
返済回数を少なく設定しておけば、返済プランを組み立てやすいのです。
追加で何度も融資を受けるのではなく、「借りたらすぐに返済して、また借りる」という方法のほうが安全です。
借入額はできれば5万円以内、多くとも10万円以内に抑えておきたいものです。
返済に困ってアルバイトの頻度を増やしてしまえば、学業にも影響するからです。