お金を借りるなら審査に落ちる理由も知っておこう






お金を借りるなら審査に落ちる理由も知っておこう

お金を借りるなら、審査に落ちないようにしたいものです。
事前に審査に落ちる理由を知っておけば、時間をムダにしなくてすみます。

審査に落ちる最大の理由は借りすぎです。
キャッシングやカードローンは、高額融資対応のローンが増えていますが、借入額が1万円と100万円では「お金を借りるリスク」はまったく違ってくるはずです。
1万円なら給料をもらってすぐ返済できる金額ですが、100万円となると完済までに数ヵ月~数年はかかるはずです。
毎月の負担、返済までの期間は長くなるので、借入額は極力減らしたほうがいいのです。
100万円を希望してダメな方でも、70万円ならば借りられるかもしれません。


ローンの属性において、年収は最も重要なポイントとなります。
そして、「その年収がどれだけ安定しているか?」も重視され、これは勤務先、雇用形態などでチェックされます。
大企業に勤めているとウソをついても、在籍確認を取られればバレてしまいます。
在籍確認はほとんどの業者で行うので、確実にあると思っていたほうがいいでしょう。
勤続年数は長いほうが有利となりますので、転職後すぐにお金を借りるような状況は避けたいものです。


他社からの借り入れもチェックされます。
これは自分から申告しなくても、個人情報機関を通して業者は知ることが可能です。
「どこのキャッシング業者から、いくらずつ借りているのか」というように具体的に聞かれますので、正直に答えるようにしてください。
理想的なのは他社から借りていない状況ですが、借りていても審査で確実に落ちるわけではありません。


そのほか、電話回線(固定・携帯)、健康保険の種類、住居形態、居住年数などもチェックされます。
各社によってチェックポイントは異なりますが、これらの項目はメジャーであり、審査のとき聞かれると考えたほうがいいでしょう。
最終的に借り手(あなた)に対する信頼度の大きさにより、融資の可否が決められます。