お金を借りるとき重視される信用情報






お金を借りるとき重視される信用情報

お金を借りるとき重視されるのが信用情報です。
これは、ローン、クレジット、公共料金の支払い状況などをデータ化したものです。

金融機関が融資を行うとき、申込者の属性をチェックします。
氏名・住所・電話番号のほか、年収、勤務先情報、勤続年数、他社の借入・返済状況、遅延などをチェックされます。
キャッシングやカードローンの審査を受けるときは、これらの信用情報で総合的にチェック・判断をしているのです。
そのため、年収だけズバ抜けて多くても、それ以外の項目に問題があれば借りられないこともあるのです。

ローンを利用すれば、自動的に信用情報機関に登録されます。
そのため、ローンの審査でウソをついてもバレてしまうのです。
ローンの借入履歴については、プラスに影響する場合と、マイナスに影響する場合があります。

プラスに影響するのは、返済履歴が良好である場合です。
しっかりと期日までに返済し、遅延もまったくない、または繰り上げ返済をして積極的に元金を減らす、といった方は高評価になります。

マイナスに影響するのは、遅延を繰り返した場合です。
たとえ1日でも遅れるのはいけません。
たまにうっかり忘れをする程度ならば、審査には大きく影響しませんが、2ヶ月連続で遅れたり、ずっと返済しない状態が続く(遅延)ようであれば厳しくなります。


信用情報とは、自身のローン利用履歴です。
計画的に借入・返済をしていれば、信用情報ではプラス評価となり、ローンを利用するときにも有利となります。

ローンで失敗しない一番のコツは、必要な金額だけの借り入れに抑えることなのです。
「多めに借りておこう」という考えはよくありません。
多めに借りるほど、多く返済しないといけなくなり、月々の負担額は増え、完済までに支払う利息も大きくなるからです。

女性はローン上手と言われますが、これは家計管理をになっているため、お金の管理が得意であるためです。
借入・返済のバランスを考えて借入額を決めているのです。