お金を借りる時は限度額を知っておこう






お金を借りる時は限度額を知っておこう

お金を借りるときは、限度額について知っておきたいものです。
限度額とは、キャッシングやカードローンの商品概要のページに記載されている「10万円~500万円」といった金額のことです。
この場合、10万円が下限、500万円が上限の借入額となりますので、9万円や600万円などの借り入れはできないのです。

限度額で注意したいのは、希望額がそのまま限度額になることはないことです。
限度額を500万円に設定しているローンに対して、500万円を希望しても借りることは難しいのです。
収入がみんな違うように、実際に借入できる金額もまた違うのです。

昔のローンと比べて、今は無理な借り入れができなくなっていますので、借入額の目安は50~100万円くらいと考えるといいでしょう。
500万円を借りられるのは、収入、職業、雇用形態など、すべての条件が一流の人たちです。
消費者金融で500万円を借りるためには、少なくとも1,500万円を超える年収がないといけません。

そのくらい500万円というハードルは高いのですが、これは借り手の経済状況を考慮してのものです。
多目的のローンで500万円借りても、返済していくのは容易ではありません。
キャッシングの利用者層には年収1,000万円超えの方もいますが、全体的に見ればほんの一部です。
お金に困ったことのない方は、キャッシングを利用しないということです。
全体的な利用者層は一般レベル(年収200万円~500万円くらい)となっていますので、自分の返済能力の範囲で借り入れしたいものです。

返済能力は各人によって異なるはずです。
同じ年収でも、返済能力は同じではないのです。
他のローンをまったく利用していない人と、すでに住宅ローン・オートローンなどを利用している人とでは、おのずと経済状況は変わってくるでしょう。
どんなに高額年収でも、すでに返済が厳しいレベルに達しているならば、借入可能な金額はゼロになってしまうのです。