お金を借りると利息が発生します






お金を借りると利息が発生します

お金を借りると必ず発生するのが利息です。
利息と金利を混同される方がおりますが、まったく異なるものです。

利息は1,000円や10,000円といった具体的な金額で表されます。
金利は15%、18%というように%で表されます。
金利は借入期間と関係なく同じ割合ですが、利息は借入期間に比例して増減するのです。
利息は日数で算出されるため、早く返済するほど負担は軽くなるわけです。

お金を借りるときにはシミュレーション(借入・返済計画)が必須ですが、ここで大切となるのは金利ではありません。
利息のほうがはるかに大切なのです。
金利が高くても翌日に返済すれば負担は非常に小さいものです。
大切なのは「元金のほかに、いくら利息がかかり、完済までにいくら支払うのか」です。

利息を少なくするポイントは、借りすぎないことにつきます。
たくさん借りるほど、元金に比例して利息も増えていくものです。
借入額が1万円と100万円では、単純に100倍も利息が変わってくるのです。

金利は自分でコントロールすることはできません。
審査によって決まった金利は、お金を借りれば必ず発生するものです。
それに対して利息はコントロールが可能であり、利息の支払いを少しでも減らしたければ、返済期間を短くすればいいのです。
3年のプランで利息が大きすぎるなら、1~2年で返済できるように借入計画を組み直してみましょう。

ただし、利息を減らすことだけにこだわると、毎月の支払いは厳しくなります。
3年よりも1年で完済したほうが利息は減りますが、毎月の負担は大きくなります。
そのため、地道にコツコツと返済していける範囲のなかで、返済期間を短くするように工夫したいものです。

利息を減らすためには、追加返済も効果的です。
ボーナスを返済に回せば、元金が大きく減るため、利息を抑えることが可能です。
追加返済の場合も、無理をして返済するのではなく、使う予定のないお金を回すようにしましょう。
貯金をすべて回したり、保険を解約したりしてまで返済することはありません。