お金を借りたら必ず返済しよう






お金を借りたら必ず返済しよう

お金を借りるときは、完済できる範囲で借りるのがコツです。
上手に借りている方は、返済プランを事前にしっかりと立てているのです。
「月にいくら返済して、いつまでに完済する」と決めているから失敗がないのです。
さらに貯金も少し残しておけば、万が一のときにも慌てずにすみます。

貯金があればお金を借りる必要はないと思われるかもしれませんが、貯金とローンは別モノなのです。
家を買うからといって、今ある貯金をすべて頭金にあてるわけにはいきません。
ある程度の貯金は残しておかないと、失業・リストラされたときに対応できなくなります。
キャッシング、カードローンの利用者には、年収800万円以上という方もおります。
さすがに年収2,000万円クラスになると利用者はほとんどいなくなりますが、年収800万円や1,000万円クラスの方は意外といるのです。

ローンというのは、返済せずに放置しておいて免除されることはありません。
延滞を続けていると、今後ローン、クレジットカードの利用ができなくなりますので、確実に返済できる範囲で借りるようにしましょう。
返済能力を超えて借りてしまう原因には追加融資があります。
「あと5万円くらい借りても大丈夫」と軽い気持ちで考えてしまう方は多いでしょう。
確かに5万円くらいの金額はたいしたことがないかもしれませんが、これが何度も重なると相当な金額になってしまうでしょう。
5万円ずつ10回借りれば50万円になります。
たくさん借りるほど月の返済額も増えますから、さらに返済が大変になるという悪循環になるのです。

お金を楽に返済するコツは、借りる金額を少なくすることです。
また、ずっと借りるのではなく、一時的な金欠解消として利用するのがいいでしょう。
収支が赤字になったとき、キャッシングやカードローンで補填するのです。
お金が足りなくなってから申し込むのではなく、前もって契約しておくと困ったときにすぐ借りられます。