フリーローンは何に使えるローン?






フリーローンは何に使えるローン?

フリーローンのフリーは、自由という意味があります。
「好きなことに使えるローン」のことですが、商品によって制限に違いがあります。

商品ページに用途自由と記載されている場合は、好きなことに使えるローンです。
用途自由(ただし、借入金返済は除く)と書かれていれば、他社のローン返済には使えないけど、それ以外は制限しないという意味です。

事業資金、投資・投機性資金は不可とするローンもよく見られます。
銀行や信用金庫のフリーローンですと、「健全な利用目的」という条件がつく場合もあります。

フリーローンは、目的の自由度により、金利が変わってくる傾向があります。
目的自由なローンは金利が高く、制限のつくローンは金利が低くなるのが普通です。
キャッシングやカードローンの場合は、どの業者から借りても金利は同じようなものですが、フリーローンはかなりの開きがあります。
10%未満という相当に低い金利で融資してくれる金融機関もあるのです。

フリーローンの利用者の多くは、生活資金として借りているのが現状です。
生活資金というのは、実に多目的なジャンルに属するのです。
食費、光熱費、賃料、教育費、交通費、交際費なども生活資金に含まれるでしょう。

目的ローン(利用目的が決まっているローン)の場合ですと、生活資金には使えないのです。
教育ローンを食費にあてることはできないわけです。
生活費のために使える無担保ローンは、フリーローン、キャッシング、カードローンくらいでしょう。

フリーローンとカードローンの違いはカードの有無になります。
フリーローンはカードが発行されませんので、窓口に行って借りるか、口座振込みによって借りることになります。
キャッシングはフリーローンに近いものですが、カードを使用しないローン・使用するローンの総称としてキャッシングと呼ぶことが多いです。
ただし、これらの解釈はあいまいであり、カードローンをキャッシングと呼ぶなど、各社によって規定は異なっています。