総量規制の仕組み






総量規制の仕組み

総量規制とはキャッシング、カードローンなどの多目的ローンに適用となる貸付制限のことです。
ローンには300万円などと利用限度額が設定されておりますが、満額まで借りることができる人はほとんどおりません。
例えば、年収1,000万円と年収300万円では、借りられる金額に違いが生じてきます。
年収1,000万円の方は、300万円を借りても返済していけるでしょうが、年収300万円の方にとっては厳しいでしょう。


総量規制とは貸付を年収の3分の1までにする決まりのことです。
3分の1超の借入は絶対にできませんので、借りすぎを防ぐために非常に効果的です。
年収300万円の方が、うっかり200万円を借りてしまうことはないのです。
最高100万円までしか借りられず、もし100万円超の借入を希望するなら、年収を増やすしかないのです。

最近、貸付において収入証明を求められる機会が増えましたが、これは総量規制による貸付制限が誕生したためです。
借入額が50万円を超過する場合においては、収入証明が必要となるのです。
また、他社の借り入れも含めた場合は、100万円超になると収入証明を用意しなくてはいけません。

総量規制には例外もあり、事業資金には適用とはなりません。
消費目的(生活費など)の借り入れに適用となるものであり、キャッシングやカードローンにおいても、事業に特化したローンの場合は適用外になるのです。

金融機関で見てみますと、銀行、信用金庫は総量規制の対象外となります。
対象となるのは、銀行を除いた株式会社、つまり消費者金融、銀行系業者、信販会社、クレジットカード会社などです。
銀行、信用金庫・組合、JA、漁協などの場合は対象外になりますので、年収の3分の1超の借り入れに対応してくれることもあります。

消費者金融などで借りるときは、総量規制の限界ラインまで借りることは難しいと考えていいでしょう。
年収400万円で、融資額は30万円という方もおります。