なりたい自分になれる特別な日。ハロウィンイベント

ハロウィン
ここ数年で日本でもすっかりお馴染みとなったハロウィン。
10月も終わりに近づくにつれ、さまざまなコスチュームに身を包んだひと達をあちらこちらで見かけるようになりました。

本来ハロウィンは秋の収穫を祝うのと共に、祭りの起源とされる古代人にとって一年の終わりであった10月31日に死者の霊がよみがえり家族を訪ねてくる中、悪魔などの悪霊を追い返すために悪魔の仮面をかぶったり火を焚いたりしていたことから、かぼちゃをくり抜いた中にろうそくを立てたジャックオーランタンを飾るようになったといわれています。
アメリカやイギリスなどの英語圏で親しまれている行事のひとつで、かぼちゃを使ったお菓子でパーティをしたり、お化けに扮した子ども達が家々を回ってお菓子をもらったりする習慣が一般的です。

しかし日本では、好きな格好をしてそのものになりきる仮装パーティとしての意味合いが強く、仮装して街を練り歩いたり、仮装をしていれば割引サービスがあったりと、大人向けのイベントとして定着している様子。
ハロウィンの起源であるお化けの仮装は少なく、アニメのキャラクターや映画の登場人物、話題の芸人など特徴のある人物になりきったり、食べ物や動物に化けたりと、仮装のレベルも本格的で、海外でも話題になっているんだとか。
年に一度、日ごろの自分を捨ててなりたい自分に変身でき、なりきりながら街中を歩けるとなれば力が入るのもなんだか納得。せっかくなら、羞恥心もプライドも捨てて心から楽しみたいですよね。
しかし、仮装するコスチュームや装飾品などが必要で、気合の入った仮装を楽しむには出費もそれなりに覚悟しなければなりません。
また、友人達と集まってパーティをするなら、それなりのパーティ費用も必要になります。
夏休みの支出の傷が癒えてくる時期とはいえ、ボーナス前だし、クリスマスのイベントも控えているから大きな出費は正直イタイ。
それでもみんなと一緒に楽しみたいなら「ボーナスまで」と期限をつけて消費者金融などで融資を受けるのもひとつの方法。
大手の消費者金融なら法律で定められた金利で安心ですし、無利息などのサービスを行っているところもあるので更に安い利息で借入れることができます。


なにかと物入りな時期だけれど、一つひとつのイベントを楽しい思い出にするためにも、お金を上手に用立てましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ