いまどきのお正月を有意義に迎える

いまどき正月
遠方に散らばる家族が実家に集まり、母親の作ったおせち料理を囲んで新年の幕開けを祝い、杵と臼でお餅をついて、ちょっぴり高級な日本酒を飲みながら談笑をする・・・
そんな日本の古き良きお正月のシーンは、近年ぱったり見られなくなりました。

どこの店舗もお休みしていた昔と違い、最近では1日からオープンしているお店も多いので、お正月前からアレコレ買い込む必要もなくなりました。
また、年末年始ぎりぎりまで仕事がある企業も多く、実家にすら帰る余裕がないという人も。
おせち料理もいたるところで低価格なのに見栄えのいいものが販売されているため、手づくりする家庭も減り、おせち料理作りにかかっていた時間を有意義に過ごせる主婦が増えました。兼業家庭も多いので、働く主婦には心強いですよね。
逆に、比較的長期になる連休を利用して、国内外の旅行に出かけるという人も少なくありません。
海外旅行や国内の温泉、シーズンスポーツが楽しめる雪山などが毎年人気で、昨年の疲れを癒してリフレッシュしながら新年を迎えるようです。

このように、お正月の過ごし方が変わってくれば、お財布事情も変わってきます。
開いている店舗もなく、自宅で過ごしていた昔のお正月は、お正月前にある程度の買い込みは必要でしたが、お正月休みにある支出はお年玉程度。
ところがイマドキのお正月は、満喫しようと思えばいくらでも楽しむことができるので、それに伴う出費も必要となります。
また、食事代や宿泊費など旅行に伴って必要となるものがお正月の特別価格で設定されているところも多く、他シーズンに出かけるときよりも多くの資金が必要となります。
時代が変わり、便利でそれぞれの過ごし方ができるようになることは有意義でもあり、日本経済にとってもいいことなのですが、個人のお財布事情を思えばちょっぴり苦しい変化でもありますね。
とはいえ、「お金がないから」と何もかも我慢するのはお正月早々気分が落ち込んでしまいます。
派手に使う必要はないですが、新しい年に希望を抱ける程度の贅沢ならば許されるのがお正月でもあります。
そんなときは、キャッシング・カードローンの利用がとても便利。
大手銀行系グループのキャッシング会社や銀行のカードローンであれば1万円から借入ができるので、「あと少し足りない」というときにも助けになります。
少し多めに余裕があるときの気持ちの安心感をえられるので、気持ちよく新年を迎えるこができますよ。
お正月が過ぎて思ったほど使わなければそのままそっくり返済して、利息を低く抑えることも可能です。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ