収入が低くても確実に貯金ができる裏ワザ

貯金
限られた収入の中で生活に必要な支出を済ませ、残りから趣味や付き合いの出費があり、気が付けば今月もまた使い切ってしまい、なかなか貯金ができない・・・。
そんな悩みを持ちつつも、日々の生活を優先して貯金を先送りにしている人も少なくないようです。
ただでさえ最近の物価の上昇は家計を圧迫しているため、貯金に回せるゆとりがなかなか持てないのも事実。
しかし、ライフスタイルやちょっとした心がけで、少ない収入であっても貯金することができるんです。

多くの家庭で実践しているであろう、給料日の先取り。
お金はあれば使ってしまうので残った中から貯金をするのは難しいですが、先に抜いて貯金しておけば確実ですね。
ポケットに小銭を入れてしまう習慣のあるひとは、それをすべて貯金箱へ入れるようにすれば知らずのうちに貯めることもできますよ。
買ったつもり貯金や貯まるまで出せない貯金箱など、お金を貯める方法って実は意外と多いもの。
しかしナゼ貯金ができないのか・・・。
結局のところ、貯金する側の意思が大きかったりもします。
先取りしても月末に引き出してしまっては意味が無いですし、定期など引き出せない貯金をしてしまったばっかりに借金をしてしのがなければならなくなったなどでは、本末転倒。

そこでおススメしたいのは、家計簿をつけること。
どんなものにいくらくらい使っているかを知るためなので、1円単位まで細かく付ける必要はなく「食費、趣味、日用品」など、ある程度の大雑把な項目でok。
家計簿を3ヶ月~6ヶ月つけていくと、だいたいどのくらいの金額が必要か見えてきます。
食費であれば、その金額をひと月の日数で割って1日に使える食費を算出し、その金額だけを毎日お財布に入れて買い物に行くようにします。
そうすれば余分な買い物をする心配もなく、予算内で買い物ができますよね。
余ったお金はそのまま貯金に回し、お財布にはつねに一日分の予算だけを入れるようにすれば、知らず知らず貯金ができるようになります。
ひと月分の食費をまとめて財布に入れてしまうと、ついはじめに使いすぎて月末に足りなくなってほかから補填してしまいがちなので、面倒でも1日ごとの予算を出したほうが確実です。
サラリーマンやOLであれば、お小遣いを日割りして同じように貯めていけるので、支出に応じて応用しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ