多少お金をかけてでも、今のうちからやっておきたい自分磨き

自己啓発
先行きが不透明な時代だからか、自分に投資する「自分磨き」が流行しています。
今の会社で勝ち上がるために必要なスキルを身に着ける、転職も視野に入れて強みになる資格を取得するなど仕事面で描く明確なビジョンに向けたもの、服装や装飾品などの身だしなみや、ジムなどに通ってスタイルを整える、料理教室に通って腕を上げるなど異性や結婚を意識したもの、趣味を極めたり、英会話力を磨いたりと自身のモチベーションを重視したものなど目的や方法はそれぞれですが、仕事後や休日の限られた時間を有効に使って、男女ともに自分磨きに励んでいるようです。

一昔前までは、限られ時間とお金を自分に費やすのは友だちや恋人のいない寂しい人がやることと敬遠されていましたが、今では自分のために生きたお金を使うことで仕事へのモチベーションがアップしたり、ひとりの時間を有意義に過ごしながら理想とする自分像に近づくことで自己肯定感を養ったりと自身を確立したうえで、ほどよい距離感で友人や恋人と過ごす時間を大切にするスタイルが大人として素敵な魅力をもった人とされています。

自分磨きではただ何気なく過ごすだけでは得られない経験や知識を身につけ、あたらな自分を発見し、それらの積み重ねがやがて糧となったり実を結んだりしていきます。
そのためには失敗や努力も必要で、何より継続して行くことが大切。
続けていくことは容易いことではなく、またそれなりにお金もかかりますが、自身を向上させるお金の使い方は決してムダ遣いではなく、有意義なお金の使い方といえます。
また、自分磨きをしているひとは打ち込むものや目標を持っているため、内面から発する輝きがあります。
この輝きは周囲のひとにも好印象を与えるため、職場の上司や取引先のひとなどと良好な関係が築きやすく、時に出世や契約など嬉しい結果を招くことも。
ただ学んでいることができるようになるだけではなく、そこから生まれる自信やバイタリティがあらたな恵をもたらしてくれるため、多少高くついても後々には数倍になって返ってきます。

しかし、あれもこれもとやたらに手を出して結局どれも中途半端になってしまったり、生活が行き詰るほどお金を掛けすぎて続かなかったりでは本末転倒。
今の自分に必要なものは何かをよく見定めてから、収入に見合った金額でできる自分磨きから始めましょう。
そのような見る力や経済観念を養えることも、自分磨きの副産物です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ