意外に多い主婦のへそくり。その実態は?

へそくり
突然ですが、あなたは配偶者に内緒のへそくりをしていますか?
既婚者では、男女とも2人に1人の割合で配偶者に内緒のへそくりがあるそうです。
とりわけ主婦のへそくりはその金額も高く、平均して500万円ほどというから驚き。
なかには1000万円を超えるへそくりがあるひとも。

ほとんどの方はパートなど自分の稼ぎで貯めているようですが、涙ぐましい節約で少しずつ積み上げていった人も多数。
特に増税や物価の高騰など、家計に大打撃を与えている昨今の情勢では生活費で収入のほとんどが消えてしまい、貯金に回せるゆとりさえ持ちにくい状況です。
そんななか、どのように数百万ものへそくりを貯めることができたのでしょうか?

いちばん多かったのは、日々節約を実践して生活費の残りから捻出する方法。
家賃や光熱費などの固定費を指しい引いた金額内で食費や日用品費など毎月の予算を決めてやりくりし、月末に残った額を全てへそくってしまったり、ついつい欲しくなる洋服や装飾品を買ったつもりでその分の金額をへそくりに回したりと、少しずつでも毎月へそくりを積み立てていっているようです。
なかには自分のパート代はないものとしてご主人の稼ぎだけで生活し、パート代を丸々へそくっているというツワモノ主婦もちらほらと。
へそくりの隠し場所は下着入れや自分用のタンスなどふだん配偶者があけないところが最も多く、次いで通帳のないインターネット銀行の利用でした。

では、気になるへそくりの使い道は?
時計やゴルフ会員権など趣味のものにつぎ込む男性に比べ、女性の多くはエステや高級ランド品など、自分を美しく保つために使っている様子。
「友人との海外旅行」など、個人で楽しむイベントに使う方も多くいるようです。
また、「いつ離婚しても困らないように」と、水面下で一人暮らしの準備を進めている人も・・・。
しかもへそくりをしている主婦の10人に1人は離婚を見据えたへそくりだというので、円満と思っているご主人も、いざ老後に放り出されないよう、今からでも奥様との絆を深める努力をしておきましょう。

お金にまつわる明るいニュースが聞けない今だからこそ、頼りになるのは自分の貯蓄力。
多少の苦労は伴っても、残高の数字が増えれば頑張る気力も湧いてきます。
へそくりを頑張りすぎて家計が回らないようでは困りますが、へそくるために楽しみながらであれば、節約生活も苦にならずに乗り越えることができそうですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ