現金派? カード派? それぞれのメリットとデメリット

現金カード
さまざまな企業と提携したクレジットカードが増え、それぞれにショッピングでお得になる特典があることなどから、ひとりで複数枚のクレジットカードを所持しているのも当たり前の時代となっています。
クレジットカードでの支払いは会計をスマートに済ませることができ、購入金額に応じて貯まるポイントで還元が受けられたり、カード申込時に数千円分のポイントがもらえたりとお得感が高い反面、現金の受け渡しがないことでつい使いすぎてしまったり、悪用されたりと言ったデメリットもあります。
クレジットカードを使わないという現金派も未だ多く、ポイントなどの特典はないものの、つねに収支が目に見えることで堅実なマネーライフを送ることができているようです。
そこで、現金派、カード派それぞれのメリット・デメリットを聞いてみました。


*現金派のメリット
・最低限必要な金額しか持ち歩かないから使いすぎてしまう心配がない。所持金が常に目に見えるので、衝動買いなども抑えることができる。
・給料が入ったら先に貯金用の口座へ一定額移して残りの額だけで生活するため、家計管理がしやすく貯金もコンスタントにできる。その場で支払いが完了するのも現金払いの魅力。

*現金派のデメリット
・給料日前になると生活が苦しくなる。
・インターネットショッピングでは商品の到着が遅くなったりわざわざ振込みに行く手間があったり、手数料がかかったりするのがもったいない。

*カード派のメリット
・手持ちのお金が足りなくても、その時必要なものがすぐに購入できる。
・大金を持ち歩かなくていいので安全。万が一のときにも保証があるので、現金を盗まれるよりリスクが低い。
・欲しいものが高額でも、分割払いにすれば月々安い金額を払うだけで購入できる。
・ポイント付与率が高く、買い物にも利用できるからお得。

*カード派のデメリット
・個人商店など店舗によってはカードが使えないところがある。
・つい使いすぎてしまうと、引き落とし日に大変な思いをする。


現金派、カード派ともにそれぞれメリットやデメリットを感じているようですが、誤った使い方さえしなければ、カードの利用は生活をより豊かなものに変えてくれるようです。
日常にほどよく取り入れながら、現金とカードをバランスよく利用できることがいちばですね。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ