実質的な医療費軽減? クレジットカードで医療費を支払おう


いつ必要になるかが分からない支出のひとつに、医療費があります。
病気は予想ができるものではないので、突然病院にかかることになるのは誰でも同じ。
診察料、薬代に加えて、状況によっては検査費や初診料などが必要になることもあり、一度の診察でも大きな金額になることがあります。
継続して通う必要がある場合には、トータルするとかなり大きな負担になってしまいますよね。
また、大病などで入院や手術の必要があれば、数十万円の医療費がかかることも珍しくありません。
ふだんから健康に気を使っているひとでも、いつ何時病院のお世話になるかは分からないもの。
蓄えのあるひとであれば問題ありませんが、日頃から経済的に余裕がないひとではかなり痛い出費になりかねません。
とはいえ、時に命に関わることもあるので、受診しないわけには行かないですよね。
もし受診したまま入院になってしまい、退院時に数十万円の請求が来た場合どうしたら良いのでしょうか?

最近では、医療費の支払いでクレジットカードが使えるところも出てきました。
大きな総合病院や大学病院ではほとんどの病院でクレジットカードの支払いが可能となっています。中規模の病院や市民病院ではまだクレジットが使えないところもありますが、使用が可能な病院も増えてきています。
残念ながら小規模病院や診療所ではクレジットカードの使用が不可のところがほとんどですが、患者さんのニーズにこたえる形でクレジット払いを取り入れている個人病院なども増え、少しずつ浸透してきているようです。
特に継続通院が必要になる歯科や産婦人科では、とりわけ多い傾向が見られます。
クレジットカードが使えれば、手持ちのお金が足りなくても不安を抱かずに診察を受けることができますね。
また、リボ払いや分割払いに設定すれば、大きな医療費がかかっても月々の負担は最小限にできます。カードのポイントもつくので、実質的な医療費の軽減にも繋がりますよ。
クレジットカードの利用限度額内で支払いきれない場合は、カードに付随しているキャッシング機能を使うことも可能です。 少しだけ足りない場合には、クレジットの一時増枠をお願いしてみるという手もあります。

突然の大きな出費になりかねない医療費。
安心して受診できるようにするためにも、かかりつけ医でクレジットの利用ができるかを事前に確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ