出産や育児、どのくらいのお金がかかる?

新生児
待ち望んでいても、思わぬ訪れであっても、おなかにひとつの命が宿ることは女性にしか味わえない幸せ。
日を追うごとに大きくなるおなかと感じる温もり、触れたら壊れそうなほど小さくかわいらしい赤ちゃんとの対面、瞬きも惜しいほどの健やかな成長・・・。
妊娠に気付いた日から、女性の環境は心身ともに大きな変化を迎えます。
それは経済面でも同じ。
新しい命は嬉しいけれど、その反面出産前後にいくらくらい必要なのか、不安になるのも正直なところではないでしょうか?

妊娠中は中期までは月に1回、後期は2週間に1度ほど、臨月に入ると毎週、検診に訪れるのが一般的。
その都度、検診費用や交通費が必要となり、合計するとおおよそ5~10万円程度かかります。
また、洋服やインナー、妊婦帯など体の変化に伴って必要となるマタニティ用品で5万円ほど、新しい家族を迎え入れる準備となるベビー用品でも10万円ほどが必要となります。
出産は、個人や総合など病院の種類、また個室や大部屋などの部屋タイプによってかなり開きがありますが、30万~70万円。
豪華なサービスがついているような病院では100万円を超えるところも!
このように妊娠に気付いてから対面の日を迎えるまで、平均して100万円ほどのお金が必要になります。

では、育児においてはどうでしょうか。
未だ布オムツを愛用している方も多くいますが、ほとんどの母親は便利な紙おむつ派。
ひと月に3~4パックほどが必要になり、オムツのほかにお尻拭き用のウェットティッシュなど、だいたい月に6000円前後。
そのほか沐浴用の石鹸、哺乳瓶の消毒剤、赤ちゃん用の洗濯洗剤など、大人とは分けて使用する日用品が必要になります。
また、母乳の出が足りない場合は粉ミルク代も必要になり、完全母乳と完全ミルクとでは月に7000円ほどの差が出るようです。
このほか、赤ちゃんに合わせた室内温度を保ったり、こまめに手洗いをしたり、大人のお風呂とは別にお湯をはったりと、電気や水道などの光熱費が1.5倍ほど上がり、季節や成長に合わせて下着や服なども必要となるため、毎月2万円以上支出が増える傾向にあります。

家族がひとり増えれば経済的な負担も大きくなりますが、お金では買えない幸せが何十倍も得られるもの。
お下がりをいただいたり手づくりしたりと工夫することで抑えられる出費もあり、出産育児一時金や高額医療費控除など戻ってくる公的なお金もあるため、上手にやりくりして不安の少ない妊娠・育児ライフを過ごしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ