教育にはお金がかかるけれど子どものため

子供の夢
一家庭における子どもの数が少ない現代は、ひとりの子どもにかける教育資金が上がっている傾向にあります。

幼稚園から大学までにかかる子どもの教育費は、全て公立で1000万円、全て私立なら2000万円といわれています。
これには学校教育費や大学の入学金などのほか、塾や家庭教師といった学校外活動の費用も含まれていますが、このほか食費や被服費、子どもの所有物などを含めると、ひとりに対して家が1軒建つほどの金額に。
しかし少しでもいい教育を施し、わが子には夢を叶えられる人生を歩んでほしいと願うのはどの親御さんにも共通する思いでしょう。
そのためなら多少生活が苦しくても子どもの可能性を広げるためにかかる費用は惜しまないと、塾などの勉強にかける費用の割合は高め。
小学生では月に1万円以下ですが、中学生からは学年が上がるにつれて費用も高くなり、特に高校受験を控えた時期は通常の授業料に加えて特別講習費、教材費など年間で50万~100万円近くかかる場合もあるようです。

スイミングやピアノなど学習以外の習い事にお金をかける家庭も多く、子どもひとりあたりの塾以外の習い事にかかる費用は月に1万~2万円ほど。
発表会や検定で別途まとまったお金が必要になったり、進級時に毎年教材費がかかったりと、時期によってプラスアルファの支出があるのもこれらの習い事には多くみらます。
しかし、身体能力や技術、知識など勉強以外もトータル的に身に着けてほしい、興味を持て得意とできる分野を見つけてほしいなど親の思いが反映されるとともに、子ども自身の「やりたい」気持ちに応えて習わせている家庭も多くあるようです。

このように子どもの教育にはなにかとお金がかかりますが、子どもの将来のためになる投資であり、経済的な理由でその芽を摘み取ってしまいたくないという思いが強いようです。
しかし教育という目に見えない商品のために費やすお金は判断の目安が難しく、また一度はじめると数年に渡って続けなければ意味を成さないため固定費となって大きな出費に繋がってしまうもの。
幼いころから整えた環境で経済的に苦しくなり、いざ大学進学というときに必要なお金を用意してあげられないようでは本末転倒です。
実際に経済的な理由から大学を中退したり、奨学金を利用して借金を背負った社会人スタートを迎えたりする人が年々増加しています。

あれもこれもやらせてあげたい気持ちは分かりますが、まずは家計をよく見直していくらまでなら教育費を掛けられるか算出し、そのなかで優先順位をつけて本当に必要で子ども自身がやりたい意欲を持てるものに絞って習わせることが、教育費を抑えるポイントになります。
また、全てを習い事任せにするのではなく、家庭で親とコミュニケーションをとりながら学ぶことも、教育費の削減と同時に親子の絆を深めることができるので、得意なことがあれば是非率先して教えてあげてほしいものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ