銀行 24時間振込み可能に

オンラインバンキング
全国銀行協会は、お金の振込みを24時間365日できるようにする決済システムの導入方針を固めた。
新システムは2018年中の稼働を目指す。
仮想通過のビットコインなど銀行を通さない決済サービスが広がる中、銀行は利用者の利便性の向上を求められていた。


いまの銀行で振り込みができるのは平日午前9時から午後3時。
土日祝日に他行宛てに振り込むと翌営業日となる。
新システムは振込専用で参加する銀行に預金口座を持っている人に24時間365日お金を送金できるようになる。
利用想定は、ATM(現金自動出入機)やインタネットバンク。

ライフスタイルの多様化で時間の制約にとらわれずお金のやりとりをしたいとニーズが高まり
24時間365日の決済が実現すればクレジットカードによる後払いに抵抗がある人でもネットショッピングの支払いを夜間に行ったり、 急に必要になり送金できるようになる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ