高所得者サラリーマンは、医療保険料増しに

健康保険
所得が高いサラリーマンの医療保険料を引き上げると厚生労働省が方針をだした。
対象となる高所得者は32万人で最大で、月1万円ほど保険料が上がる見通しと言われている。

高所得者の医療保険料が上るのは、健康保険組合や協会けんぽ、公務員の共済組合などの加入者が対象。
高齢化に伴い保険財政が厳しく中で払える人により多く払ってもらうのが狙いとされている。

会社員の保険料は月収に応じて決めらる。
実際の金額ではなく一定範囲内は同じ月収と見なし「標準報酬額」として計算されます。
月収が121万円が上限でそれ以上の報酬額があっても保険料は同じ額。
標準報酬月額は47段階になっていて、新たな4段階の標準報酬月額を設定する方針で
これまでの121万円より145万円に引き上げることを検討している。
この制度の改正で保険料収入は年間で約7000億円の増収が見込める。

厚生労働省は、自営業者などが加入する国民健康保険でも
同様に年間限度額を引き上げる方向で検討されている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ