北海道電力、再値上げ

北電値上
北海道電力が申請した家庭向けの電力料金ついて
小渕優子経済産業相は、平均15.33%の値上げをすると10月10日に発表した。
当初の申請の平均17.03%から1.7ポイント圧縮となっているが負担増となる。
再値上げは、11月1日より実施される。

東日本の大震災後に値上げをした7社の電力会社のうち再値上げするのは北海道電力がはじめて。

電気料金の値上げには、電力を補うための燃料となる石炭や石油の調達代が増え大幅な赤字が増えている。
経産省は、泊原発の再稼働が早まれば燃料費が浮いた分を速やかに値下げする方針としている。

家庭にとっては、またまた打撃になってしまう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ