11月契約分の住宅ローン金利引き下げ

住宅ローン金利下
住宅ローンを借りる際に気になる金利動向。
変動金利は変わらずの過去最低金利のままに。


三菱東京UFJ銀行は、11月契約分の住宅ローンを当初10年固定の最優遇金利をこれまでの年1.30%から引き下げ、 年1.25%にすると発表した。

みずほ銀行も年1.25%から年1.20%へと引き下げる方針。

三井住友信託銀行は年1.05%から年1.00%に引き下げる。


指標となる長期金利がさがっているため。

景気が回復するまでは金利は低金利のまま推移すると思われます。

住宅ローンの新規借り入れや借り換えを考えているならばチャンスであると言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ