車は、ローンとリースではどちらがお得!?

自動車
これまで企業向けだった自動車のリースが個人向けに広がりつつあります。

購入と比べどちらがお得なのでしょうか?
どんなメリットがあって気をつけなければいけないことは?


自動車リースは、利用者が決まった料金を支払って年単位の契約を行います。
リース料には車両台のほかに自動車税などの諸費用が含まれます。

個人で自家用車を購入する場合とリースではどちらがお得なのでしょうか?
コンパクトカーの新車を5年間60回のローンとリースを比べた場合
車を購入した場合、ローンが月々3万2300円、ほかに税金や保険料もその都度支払う。
リースの場合では、それらの費用が込みで月々3万2400円となる。

5年間の支払い総額は、ローンが約224万円に対してリースは約180万円となりリースの方が44万円少なくなる。
リース契約では、期間満了時の車両予想査定価格が(残価設定)をあらかじめ差し引いて設定してあり 5年後の査定価格を下回れば利用者が追加支払いをしなければならないこともあり注意が必要。

ローンの場合、支払が終了すれば車両は自分のものなりリース契約の差額よりも高く売れるのであればローンの方がお得と言える。
ローン返済後も乗り続けるならば維持費しかかからなくなるため負担は大きく減ることになります。

車種や色、利用期間などによって残価やリース料も変わってきます。
ローンとリースのどちらが得かそれぞれの利用形態によって選ぶようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ