キャッシングのオンライン申込時の必要書類






キャッシングのオンライン申込時の必要書類

キャッシングオンライン申込時には、運転免許証、もしくは健康保険証、パスポートなどが必要となります。
外国人の場合は、外国人登録証明書が必須です。
これらは身分証明書であり、用意しなければ借りることはできません。

窓口での契約では、身分証明をそのまま提示しますが、オンライン申込の場合はコピーやFAXで送ります。
コピーの場合は郵送扱いになるので時間がかかります。
すぐに借りたい方は、FAXに対応している業者から借りるといいでしょう。

身分証明書以外では、借入額に応じて収入証明書(給与明細書、源泉徴収票、所得証明書、税額通知書、確定申告書など)が必要となります。
収入証明に関しては、50万円超の借り入れから必要になるのが普通です。
なお、銀行の場合は100万円超から必要とするのが普通です。

この点においては銀行が有利に思えますが、ローンは収入がなければ借りられないので、身分証明の提示の有無は関係ないでしょう。
消費者金融から50万円を借りる場合ならば、最低年収150万円以上が必須となります。

これらの書類は、コピーやFAXで送ることができます。
キャッシングはローンのなかでも、必要書類が少ないので手続きが楽です。
担保・保証人もいらないので、審査にかかる時間は短く、最短で即日中に借りることも可能です。

キャッシングオンライン申込時には、事前に必要書類を用意しておくようにしましょう。
書類の不備があるだけで、申込手続き、審査に時間がかかってしまうのです。
審査では収入の記入欄があるので、収入証明で収入を確認しておくといいでしょう。

以前のキャッシングは大体の金額を入力していれば問題ありませんでしたが、今は詳細を入力しないと審査で落とされます。 例えば、年収430万円ならば、そのまま入力するようにします。
450万円などと多めに入力するのはやめましょう。
年収により、借入額に違いが出てくるからです。
年収450万円あれば、最高150万円までの借り入れが可能ですが、年収430万円ですと150万円未満の借り入れとなります。