キャッシングの注意点は借りすぎ・使いすぎ






キャッシングの注意点は借りすぎ・使いすぎ

キャッシングの注意点は借りすぎ・使いすぎにつきます。
お金を借りて失敗する方は、使いすぎているものです。
「毎月の負担が大きくて返済が厳しい」「利息が大きいので、元金がなかなか減らない」などと悩んでいる方は、借りすぎ・使いすぎていることが原因なのです。

借入額が少額であれば、毎月の負担は小さくなり、返済は楽になるでしょう。
また、短期間で返済できるので、利息を抑えることもできます。
借りすぎに注意すれば、計画的に返済することができ、追い詰められる状態になることはないでしょう。

では、なぜ借りすぎてしまうかというと、それは利便性の高さにあります。
借りすぎてしまうローンほど便利なのです。
キャッシングにはカードローンのようにカードで借入・返済するタイプが多く、気軽に使えるのが最大のメリットです。
通常のローンは、借りるたびに金融機関に出向いて借入申請をしないといけません。
再度審査を受ける必要があり、手続きは非常に面倒なものです。
キャッシングの場合、限度枠内ならば自由に借りられるのです。
100万円の限度枠があり、まだ10万円しか借りていないのなら、残り90万円をいつでもコンビニATMで借りることができます。
利便性が高いゆえに、欲しいものが出てくるたびに、また1万円、また1万円と追加で借りてしまうのです。

追加融資を受けないようにすれば、借りすぎのリスクは大幅に減ります。
そのためには、限度枠を可能なかぎり少なくしたいものです。
枠が大きいからたくさん借りてしまうので、借りすぎを防ぐには枠を小さくすればいいのです。

各人の経済事情にもよりますが、計画的に返済していける借入額は30万円、多くても50万円くらいです。
それ以上になると、月々の負担がかなり大きくなり、返済が厳しい月も出てくるでしょう。
30万円くらいの限度額に抑えておけば、利息はそれほど膨らみません。
借入額が少ないので、返済するたびにどんどん元金が減っていくからです。