キャッシングの限度額とは?






キャッシングの限度額とは?

キャッシングの限度額とは、借入できる上限額のことを言います。
キャッシング業者が提示する上限額と、利用者が借りられる上限額の両方にこの言葉が使われます。

業者が提示する限度額は、1万円~500万円などと表記されています。
最小借入額は1万円や10万円に設定する商品が多いです。
最大借入額は300万円や500万円に設定する商品が多いです。
キャッシングを上手に活用するためには、業者が提示する最小借入額で融資を受けることです。
10万円~500万円の限度額を設定している場合は、10万円を希望するのが理想なのです。
少ない金額で申し込むほど借りられる可能性は高いと考えていいでしょう。

利用者が借りられる上限額は、業者側が査定で決定します。
こちらは一般的に100万円を上限とするところが多いです。
1万円~500万円の限度額を設定したキャッシングの場合、最大500万円まで借り入れが可能ではありますが、この金額を借りるのは容易ではありません。
消費者金融から借りる場合、年収1,000万円の方でも限度額は300万円以下になることが多いのです。
500万円を借りるためには、最低でも年収1,500万円は必要です。

利用者が借りられる上限(限度額)は、契約中に引き上げられることもあります。
遅延せずに計画的に返済を続けていると、引き上げに応じてくれる業者もあるのです。
その反面、遅延を繰り返すと、引き下げられることもあるので注意が必要です。
また、収入が途絶えた場合、大幅に減収した場合なども該当します。

収入が少なくなるほど、毎月負担できる金額は減るでしょう。
消費者金融の場合、借り入れできる上限は年収の3分の1となります。
限度額を増やすためには、年収を増やすしかないわけです。

それゆえ、キャッシングの希望額は極力少なくするべきでしょう。
収入減も考慮して、万が一のときも返済していけるように、最小限の借り入れに留めておきたいものです。