キャッシングを賢く使うために






キャッシングを賢く使うために

キャッシングを賢く使うなら、計画的に利用している人のマネをするといいです。
うまく利用している方は、限度枠を少なくしているものです。
限度枠10万円と100万円では、後者のほうが使いすぎのリスクは大きいのです。
前者は10万円までしか借りることはできませんが、後者は100万円まで借りることができるのです。
借りられるという考えがあれば、ついつい追加で借りてしまうものです。
「1万円くらい」と頻繁に借りていれば、すぐに100万円の枠に達してしまうでしょう。

限度枠の上限は業者が決めることですが、利用者の工夫しだいで枠を小さくすることは可能です。
例えば、飲み会費用を1万円借りたいような場合は、100万円の利用枠は不要でしょう。
10万円の枠があれば十分なはずです。

ただ、利用枠を小さくしすぎると、困ることもあります。
1万円以上必要になることは多いため、限度枠は10万円に設定しておくといいでしょう。

各社のキャッシングを比較するときは、みなさん金利に着目されています。
50万円の借り入れでは金利は18%まで認められていますが、100万円になると15%が上限となるのです。
そのため、金利を低くするのに、あえて100万円を希望する方もいるのです。

しかし、この方法は得策とは言えません。
キャッシングで重視するべきは、金利よりも利息なのです。
100万円を借りれば金利は最高でも15%になりますが、金額が大きいので一括返済は無理でしょう。
返済に時間がかかるため、利息の負担は相当に大きくなります。
キャッシングの利息は、日数によって発生するのです。
つまり、たくさん借りて金利を低くするよりも、借入額を最小限に抑えておいて、短期間で返済したほうがいいのです。

便利なローンほど、借りすぎてしまうものです。
借りすぎれば使う機会も増えますので、すぐにお金がなくなり、また借りるというパターンにハマります。
本当に必要な目的以外では借りないようにしたいものです。