キャッシング審査で考慮されるのは?






キャッシング審査で考慮されるのは?

キャッシングの審査で考慮されるのは属性というものです。
業者が最も考慮するのは、「完済できるかどうか」なのです。
そのために信用性をチェックする必要があり、年収・雇用形態・他社からの借り入れといった属性が用いられるわけです。

審査で最も重視されるのは年収です。
返済していける最低条件は、毎月安定した収入があることです。
大切なのは安定であり、金額ではありません。

年収200万円でも、少額ならばコンスタントに返済していけるでしょう。
収入が少なくても、返済できる範囲で借りることは可能なのです。

ここでの安定収入とは、雇用形態とはあまり関係ありません。
公務員は安定収入だけど、アルバイト・パートは不安定だという方もいるでしょう。
しかし、毎月収入を得ていることには変わりないため、収入は安定しているとみなされます。
実際、「20歳以上で安定収入があること」という条件のキャッシングを、アルバイトやパートの方が利用しているケースは多いです。

雇用形態の審査では、リストラの可能性なども考慮するため、公務員が最も有利となります。
サラリーマンの方も問題なく借りることができます。
もともとキャッシングはサラ金と呼ばれており、サラリーマンを対象としたローンなのです。
派遣社員、アルバイト、パート、自営業などはやや不利となります。
自営業の方は、月による収入の幅が大きいため、自営業者専用のローンを勧められることが少なくありません。
事業資金専用ローンのほか、キャッシングのように多目的のローンもあります。

審査では、他社からの借り入れもチェックされます。
他社からの総借入額をチェックし、現在の年収で新たに借りることができるかどうか審査するのです。
消費者金融の場合ですと、借入れできる金額の上限は「年収の3分の1」です。
他社から借入れており、すでにこの基準に達している場合は審査を受けても借りられません。
審査を受ける前に、他社からの総借入額を把握しておきましょう。