クレジットカードとキャッシングは、どう違う?






クレジットカードとキャッシングは、どう違う?

クレジットカードとキャッシングはまったくの別モノです。
クレジットカードとは「クレジット」、いわゆるお金の立て替えです。
その場で現金を支払わずに、指定日にまとめて口座引き落としにより支払うのです。
ローンとは異なりますが、一時的に立て替えてもらう性質上、ローンの一種と考えていいでしょう。

クレジットカードのメリットは、現金がなくても買い物できることです。
海外ではクレジットカードを中心として取引している国が多いのです。
スマートに支払いを済ませることができますし、現金のように数え間違いがありません。
数百万円といった高額の買い物を、現金で支払うのは大変なことです。
クレジットカードなら、1万円でも数百万円でも、決済にかかる時間は同じです。

キャッシングは小口ローンの一種です。
小口ローンには、キャッシングのほか、カードローン、フリーローンなどがあり、いずれも多目的に使えるのが特徴です。
目的が自由であれば、用途を指定されることはないのです。

多目的のローンというのは、ローン全体のなかでも少数派です。
通常のローンは、クルマ・バイクの購入、住宅・土地などの不動産の購入、教育費、リフォーム費用などなど、用途が限定されています。
クルマのローンで教育費もカバーする、なんてことはできないのです。
キャッシングの場合は、ほとんどの用途に使用できます。

クレジットカードとキャッシングは別モノなので、通常は別々に契約することになりますが、カードを複数枚持つのが面倒だという方は、キャッシング機能がセットになったクレジットカードを利用するといいでしょう。
クレジット枠とキャッシング枠が別々に設定されたカードであり、それぞれの限度額内まで使用することができます。
クレジット50万円、カードローン50万円の場合は、両方で100万円まで利用できますが、クレジットを60万円にして、カードローンを40万円にする、といった調整はできません。