即日審査と即日振込の違い | キャッシング セイバー






即日審査と即日振込の違い

即日審査と即日振込を混同される方がいますが、これらの意味は根本的に異なります。
即日審査は、申し込みをしたその日に審査結果が出るというものです。
即日振込は、申し込み手続き→審査→契約手続きを経て、その日のうちに借り入れできるものです。
すぐに現金を用意したい場合は、即日審査よりも即日振込の業者に申し込むべきでしょう。

審査が終わって、融資までに時間がかかる業者もあります。
どんなに審査が早くとも、借り入れに時間がかかれば意味がありません。
郵送による申し込みの場合ですと、受け取った審査書類に記入後、業者に返送をして、結果を待たなければなりません。
借入可能だと判断されたら、今度は自宅に契約書類が送付されてくるので、それに必要事項を記入して返送するのです。
審査から融資までは10日以上を要する業者も少なくありません。

即日審査と即日振込という言葉は、業者によってニュアンスが異なっています。
即日審査は、即日中に審査をしてくれるけど、結果がわかるのは後日という業者も多いのです。
結果がわかるのは数日後であれ、審査が始まるのは申し込んだ当日ですから、即日審査というわけです。
即日振込の場合も同じく、「即日振込も可能」というケースが多々あります。
この場合、最短で即日融資が可能であり、審査に時間を要する場合は、融資まで数日を要することがあります。

審査→振込に要する時間には、借入額なども関係してきます。
10万円程度の希望額であれば、業者側もすんなり融資してくれることが多いですが、100万円になると迷うことも多いでしょう。
金額が大きくなるほど、返済が厳しくなるのが現実ですから、融資をして大丈夫なのか判断に時間を要します。

即日中に融資を受けたい方は、業者に連絡して聞いてみるのが確実です。
「午前中に申し込めば、午後には融資することが可能です」などと教えてくれるはずです。
希望額については、なるべく少なくしたほうが即日中に借りられる可能性が高くなります。