女性向けキャッシングの今






女性向けキャッシングの今

女性向けキャッシングという言葉は、最近聞かれなくなったでしょう。
一部には存在していますが、多くは一般向けのキャッシングと統一されたのです。

かつての女性向けキャッシングは、低金利を売りにしていました。
しかも男性は申し込むことができないので、店頭で男性と出くわすことはなかったのです。
万が一、夫がキャッシングを利用しており、店舗内で出くわしたら嫌なものでしょう。
こうした心配がないのが女性向けキャッシングの利点でした。

現在は女性に特化した商品は少なく、一部の業者では用意していますが、金利は一般向けキャッシングと同じになっています。
以前のように金利を低くしない理由は、すでに十分に低金利だからです。
女性向けキャッシングの金利が上がったのではなく、一般向けキャッシングの金利が下がったのです。
それにより、両者の金利差がほとんどなくなったわけです。

それでも、女性向け商品が一部残っている理由は、やはりプライバシー性の問題でしょう。
夫や息子にローンの利用を知られることには抵抗があるはずです。
店内で出くわしたら、言い訳のしようもありません。
女性向けキャッシングなら、少なくとも男性と出くわす可能性はゼロです。
女性の友人・知人と顔を合わす可能性はありますが、夫に知られるよりはずっといいはずです。

とはいえ、今はオンラインで申し込めるキャッシングが多いため、女性向け商品の需要は低くなっています。
カードを作ってしまえば、コンビニATMで借りることもできるのです。
店舗まで行く必要がないので、女性向けローンも一般向けローンも同じでしょう。

一部の零細会社・街金などでは、今でも女性向けキャッシングをラインナップしているところがあります。
こうした小規模の業者は、オンライン申し込みができないところが多く、窓口で契約してその場で借りる方法がほとんどです。
審査は業者スタッフとの対面与信になるので、顔はしっかりと見られてしまいます。