学生向けキャッシングのメリット | キャッシング セイバー






学生向けキャッシングのメリット

学生向けキャッシングは、学生を対象としたキャッシングです。
多目的の小口ローンであり、20歳以上の学生が利用できるものです。
保護者の同意があれば18歳から借りられるローンもありますが、ほとんどは通常のキャッシングと同じく、20歳以上からの融資となっています。
お金を借りるのは、「大人になって自分で責任を取れるようになってから」という考えからです。

学生向けキャッシングのメリットは、以前は金利が低いことでした。
社会人向けのローンと比べて金利が低いので、それに比例して利息も少なくなっていました。

現在は金利面の優遇はほとんどありません。
金利が高くなったのではなく、一般向けローンの金利が大幅に下がったので、相対的に差がなくなったのです。
一般向けローンの金利は、ほとんどが18%以下となっています。
昔は10%以上も高金利であり、当時は学生向けキャッシングを利用するメリットが大きいものでしたが、現在はほとんど差がなくなっています。

利用限度額については、以前と同じように少額に抑えられています。
一般向けの「最高500万円」といった商品はなく、30万円や50万円を上限にしたものが多いです。
少額に設定しているのは、借りすぎを防ぐためです。
学生時代は飲み会などで、お金を使う機会も増えてきます。
お金をたくさん借りられると、つい気持ちも大きくなって借りすぎてしまうものです。
社会人は仕事が本業ですが、学生は働ける時間は限られてきます。
月に10万円を稼ぐという学生は少ないでしょう。

月収10万円の場合ですと、年収で120万円になります。
この場合、借りられる上限は40万円になります。
年収が60万円なら20万円、30万円なら10万円が借入額の上限になるのです。
消費者金融から借りられる金額は、年収の3分の1までです。

学生ローンを利用される方は、毎月の返済を親に頼ってはいけません。
自分で働いて、返済できる範囲で借りなければいけないのです。