派遣・アルバイトの方向け キャッシングの特徴






派遣・アルバイトの方向け キャッシングの特徴

派遣・アルバイトの方向けキャッシングは、限度額を少なくすることで融資に対応してくれる多目的ローンです。
「派遣・アルバイトの方はキャッシングを利用できない」という話が聞かれていますが、借りられないのではありません。
正確には、公務員・正社員の方と同じ条件を希望しても借りられないのです。
条件を低くして申し込めば、審査に通過できるケースは少なくありません。

もともと派遣・アルバイトの方向けキャッシングは、これらの方を対象としたものです。
一般的なキャッシングよりも、借りられる可能性は高いと言えます。

借りるためのコツは、希望額を少なくすることです。
キャッシングは再審査が行えないのです。
1回目の審査でダメだったから、その理由を業者スタッフに聞いて、2回目の審査に望む、なんてことはできません。
一発勝負なので、最初から高い希望額を提示するのは避けるべきです。

もし審査で不可となった場合は、別の業者を探さないといけません。
しかし、1社目と比べると、より審査に受かるのは難しくなっているのです。
審査は無制限に受けられるわけではありません。
信用情報機関に審査状況が残りますので、審査を重ねるほど借りるのが難しくなってしまうのです。
キャッシングは1社目で借りるように対策するべきなのです。

借りる前には、強引な交渉を持ちかけるのは避けましょう。
5.0%~18.0%の金利設定の業者に対して、「5.0%で融資してください」などと持ちかけても、却下される可能性が高いです。
業者側が低金利で融資できるのは、借入額が高額になる方なのです。
キャッシングに限らず、ローンというのは借入額に比例して、金利を低く設定できるものです。
住宅ローンを例にするとわかりやすいでしょう。
3%未満といった超低金利を設定していますが、これは借入額が数千万円単位と大きくなるからです。
借入額が少ないのであれば、金利がある程度高くなるのは仕方のないことです。