銀行キャッシングをおすすめする理由






銀行キャッシングをおすすめする理由

銀行キャッシングは、正真正銘の銀行ローンです。
銀行系ローンと銀行ローンは同じものだと言われる方がいますが、まったくの別モノなのです。
母体は銀行ですが、運営しているのは一般的なキャッシング業者(消費者金融)です。

銀行キャッシングの特徴は金利の低さです。
キャッシングはどの業者から借りても、金利に大差はないと言われています。
貸金業法改正により、上限金利が大幅に引き下げられたのです。
消費者金融ですと、5%~10%以上は低金利になっています。
どこの消費者金融や銀行系の業者から借りても、ダントツで低金利な業者はないわけです。

銀行キャッシングの場合は、さらに3%程度は低金利になっているのです。
数万円を借りる程度ならば大した差ではありませんが、高額の借り入れとなれば無視できない金利です。
まとまった金額を借りたい方は、銀行から借りたほうがいいわけです。

また、総量規制は無関係なので、年収における貸付制限がありません。
消費者金融の場合、年収500万円では、200万円の融資を受けることはできませんが、銀行では借りられる可能性があるのです。

ほかにも、銀行ならではのサービスを導入しているキャッシングもあり、当行の住宅ローンを利用している場合は金利優遇になる、といったサービスもあります。
無利息期間を導入している銀行もありますが、こちらは大手消費者金融も用意しているサービスです。

銀行キャッシングは、銀行ローンのなかでは借りやすいのが特徴です。
担保・保証人が不要であり、保証人が必要な場合は保証会社を立ててくれるので、申込者が用意する必要はありません。
目的は問われないローンが多いため、生活資金はもちろん、クルマの購入資金の一部に利用することも可能です。

カードを発行してくれるキャッシングならば、カードローンとして利用することもできます。
当行で口座開設をしている方は、キャッシュカードをローンカードとして使える場合もあります。