限度額の伸ばし方






限度額の伸ばし方

キャッシングの限度額を伸ばす方法は、地道な返済以外にはありません。
申し込みをして50万円の限度枠を確保し、1ヶ月後に増額交渉をしても却下されます。
最低でも6ヶ月以上はかかると考えていいでしょう。
業者側はしっかりと返済してくれるかどうかを見極めるため、6ヶ月以上経過しないと増額交渉に応じてくれないケースが多いのです。

増額交渉は、業者側から話を持ちかけてくるのが理想です。
電話で「限度額を増額しませんか」と伝えてきた場合、それに応じれば限度額は即座にアップします。
増額する必要がなければ断ってもかまいません。
借りる理由がなければ、増額しないほうがいいです。
限度枠に余裕があるほど、借りたくなってしまうからです。

限度額を伸ばすために大切なことは、しっかりと返済日までに返済することです。
これをひたすら繰り返すことです。
たびたび返済日をすぎて返済してしまう場合、増額交渉をしても応じてくれません。

限度額が絶対に伸びないケースは、すでに融資を受けられる上限額に達しているときです。
年収300万円の方が、消費者金融から100万円を借りている場合、増額交渉が受け入れられることはありません。
50万円の増額を希望するならば、年収450万円以上まで上げないといけません。
キャッシングの場合、100万円という限度額が一つの区切りとなっています。
100万円超を借りるのは、一般的な経済力の方には難しいのです。

限度額の増額は、できれば避けたいところです。
増額を希望するのは、今の借入額では不足しているからでしょう。
追加融資を受けると、毎月の負担額は今よりも大きくなります。
現在において、返済が厳しい状態であれば、追加融資は受けないようにしましょう。
追加融資を受けて枠を確保して、そこから返済に回すという方法は得策ではありません。
借りたお金には利息がかかるので、借りて返済に回すことは非常に損なのです。
追加融資を受ける前に、家計を見直して支出を減らしましょう。