高額融資をご希望の方におすすめ






高額融資をご希望の方におすすめ

高額融資を受けるためには、相応の年収がなければいけません。
年収が少なければ、たくさん借りようとしても無理なのです。
消費者金融のキャッシングの場合、借入れできる上限は年収の3分の1となります。
200万円を希望する方は、年収600万円以上ないといけません。
300万円を希望するなら年収900万円以上、400万円なら年収1,200万円以上です。

キャッシングの利用者層を見ると、ズバ抜けて稼いでいる人は少ないです。
年収1,000万円以上という方もいますが、全体的に数%程度です。
審査では年収以外の要素も考慮されますから、希望額を借りられるだけの年収を得ていても、借りられるとは限らないのです。
300万円以上を借りられる方は、非常に少ないのです。

銀行のキャッシングの場合は、年収における貸付制限(総量規制)はありませんが、やはり高額融資を受けるためには相応の年収が必要です。
業者側が審査において最も重視するのは、返済能力があるかどうかです。
返済できない可能性がある金額の貸出はしないのです。

低金利を設定している業者ほど、審査はシビアだと思って間違いありません。
昔の消費者金融は非常に借りやすいのが特徴でしたが、これは金利が高かったからです。
金利は業者にとって保証料のようなものです。
低金利で貸し出すほど、回収率を高めないと運営は厳しくなります。
そのため、融資する人を選ぶようになるわけです。

銀行のキャッシングには総量規制による制限はありませんが、金利は消費者金融よりも低くなっていますので、審査は厳しいと考えていいでしょう。
信用金庫、JAなども同様です。

キャッシングは目的自由の小口ローンであり、高額融資を受けるためのローンではありません。
住宅やクルマの購入、教育費など、用途があらかじめ決まっているローンとは異なり、利用者の判断で用途を決めることができます。
用途が自由だからこそ、使いすぎのリスクも大きいわけです。
キャッシングの希望額は少額に抑えるべきでしょう。