利息の上限金利 大手のキャッシング会社は法定より更にお得!






利息の上限金利

キャッシングやカードローンを利用して融資を受けるとき、返済時には利息を合わせた金額を返さなければなりません。
この利息を算出するために用いられるのが「金利」。
借入総額に金利を掛けて利息を算出するのですが、この金利は法律で上限が決められています。

少し前まで、金利の上限は2つの法律で制限されていて、「出資法」で29.2%、「利息制限法」では金額に応じて20~15%となっており、両方のあいだにあたる金利帯がグレーゾーン金利として問題視されていました。
しかし平成22年に貸金業法が改定されてグレーゾーン金利は撤廃され、10万円未満では20%、10万円~100万円では18%、100万円を越える融資では15%と、それぞれの金額に応じて上限金利が定められました。
上限金利を越える金利帯での貸付は行政処分や刑事罰の対象となるため、一部の悪徳な消費者金融を除いてはどこもこれ以上の金利で貸し付けることは絶対にありません。

消費者金融などでのキャッシングも以前は20%台後半の金利が適用されていましたが、今では最高でも20%となり、借りる側にとっては利息が安くなりました。

例えば、10万円を30日間借入れた場合の利息は、29.2%では2,400円。18%なら1.479円となり、1,000円近い差があります。
返済は毎月のことなので、この金額差は借りる側にとっては大きいですよね。
しかも、アコム・プロミス・レイク・モビットなど銀行系グループのキャッシング・サービスや大手消費者金融のアイフルでは、その資金源の強みから10万円以下の借入でも18%以下の上限金利を各社で設定しています。
つまり、法律に則った最高金利で貸付を行うキャッシング会社より、更に2%以上もお得に借入れることができるということ。
はじめての利用こそ上限金利を適用されやすいですが、借入金額や利用実績などで適用金利は低くなり、下限では4%台とかなり低い金利が設定されています。
利用すればするほど、更に金利が低くなって利息が安くなるんです。

はじめての利用時には一定期間利息が無料になるサービスを行っているキャッシング会社も多く、サービス期間内の完済なら借入総額を返済するだけ。
一度に返済できなかった場合も無利息サービス期間を過ぎた残債を元に算出されるため、無利息サービス期間内に返済すればするほど利息は安くなり、とってもお得に利用することができます。