キャッシング・カードローンは、担保や保証人が必要ない理由






担保と保証人について

銀行の貸出や事業者向けの融資では、不動産や預金口座、証券などの担保、家族や第三者などの保証人を必要とすることが多いのですが、消費者金融でのキャッシングや銀行系カードローンでは担保も保証人も必要ありません。

本来、担保や保証人をたてる理由は、万一貸し付けた金額を回収できなかったときに担保や保証人などの債務者以外から債権を回収するため。
債務者がなんらかの理由で返済ができなくなったときに担保を引き渡して債務の残債に充てたり、保証人が債務者に代わって支払ったりすることで借入れた金額を返済していきます。
しかし借りる側からすれば、場合によっては担保や保証人を用意するのが困難なときもありますよね。
とりわけ個人で借入れることがメインとなる消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンでは、できるだけ誰にも知られずに借りたいというひとも多いもの。
保証人が必要であれば身近なひとにお願いしなければならないため、ハードルも上がってしまいます。
担保融資も設定できる担保を持ち合わせていなければ話になりませんし、例え設定できる担保を有していても抵当権の設定における費用や手間がかかるため、かんたんではありません。

消費者金融などのキャッシングや銀行系カードローンで担保や保証人が必要無い一番の理由は、借入れる本人の返済能力や取引実績から得られる信用が担保や保証人と同等の価値を生むことになるから。
回収のノウハウも持っている消費者金融だからこそ、保証会社などを挟むことなく貸付も行うことができるのです。
貸出の際の審査では、年収や勤続年数などの就労状況、他社での借入や過去の事故情報などキャッシングの実績、年齢や家庭環境などから総合的に判断し、債務者の信用度を重んじます。
担保や保証人を必要としないからこそ、ちゃんと返済できる能力があるかを審査で見極める必要があるからです。
そのため、過去に延滞や度重なる遅延など、支払い能力に問題がありそうだと判断される実績があると審査には通りにくくなってしまいます。
しかしそのような履歴がなく安定した収入のあるひとであれば、申込みがかんたんで担保や保証人が必要なく、融資までがスピーディーな消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンは利便性もよく安心して借入ができるためオススメです。